忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/10/19

我々の日常の90%は妄想である

morimi.jpg「太陽の塔」著 森見登美彦 

タイトルはこの小説に出てきたセリフの一つです。私はそれに激しく賛成します。あまりヒトに言いたくないことですが、その通りだと思います。

物語はクリスマスシーズンの洛中を舞台とした妄想劇。登場する男どもは皆、クリスマスを唾棄し、鴨川に等間隔で並ぶ男女を焼き払いたいと願う、そんなやつらです。

文士のような語り口と京都の情景によって生まれた「悲哀と爆笑の業火」に私は突き落とされました。ここ二日間めちゃくちゃ笑えました。

いや、実際には電車の中でこっそりと笑ってましたけどね。

著者の作品の主人公はいつも「駄学生」です。この小説の主人公も最初はストーカー紛いの登場の仕方をします、ハッキリ言って痛過ぎます。ただ、何故だかその姿があまりに愛おしいのです。潔く、正しく、高潔なる阿呆。

絶対に認めたくないことではありますが、かなり共感しました(笑)

ここまで正直に、そしてまっすぐにモテない男の生態を描く小説は少ないです。
物語を読みながら我身を振り返り、さして変わりぬ有様に驚き、そして凹みました。

願わくば「決して自分は不幸だとは思ないが、時々泣きたいくらい辛くなる」そんな人に読んで欲しい小説でありました。

PR

2007/10/19 未選択 Trackback(0) Comment(2)

COMMENT

無題

何気に森美登美彦好きっすね。駄学生って俺のこと?

みxinがっこう 2007/10/19  12:37 EDIT RES

無題

うーん、今回はアタリだったと思う。
駄学生、「分かってるねぇ~」(笑)

HATTA 2007/10/19  23:46 EDIT RES

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
リンク
 
 
 
最新記事
 
(08/31)
(08/28)
(08/28)
(08/23)
(08/22)
(08/20)
(08/19)
 
 
最新CM
 
[08/19 G]
[08/18 ヱロヰ]
[07/06 ぁ]
[06/11 ぁ]
[05/11 g]
 
 
プロフィール
 
HN:
HATTA
HP:
性別:
男性
職業:
ライトマニア
趣味:
散財
自己紹介:
気持ちの良いことを最優先しています、ライドも仕事も。
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ